大多数のインターネットユーザーは、Yahoo、Googleなどの検索エンジン経由でサイトに訪れます。その入り口である検索エンジンで特定のキーワードを上位に表示させることで、御社ホームページへ誘導することが可能です。マイアイランドでは、検索エンジンアルゴリズムに強いseo対策をとっています。また、ありとあらゆる項目を調査、分析し、費用対効果に重点を置いたご提案をさせていただきます。

Googleが推奨するSEO 業者を利用すべきサービスの内容とは

サイトのコンテンツや構成の見直し
ホスティング、リダイレクト、エラーページ、JavaScript の使用など、ウェブサイトの開発に関する技術的なアドバイス
コンテンツの開発
オンライン ビジネス促進キャンペーンの管理
キーワードに関する調査
SEO のトレーニング
特定のマーケットや地域に関する専門知識

SEO とは、「検索エンジン最適化(search engine optimization)」または「検索エンジン最適化業者(Search Engine Optimizer)」の頭文字です。SEO 業者を利用するかどうかは、サイトの改善や時間の節約につながる可能性がある一方で、サイトや運営者の信用が損なわれるおそれもある重大な決定です。SEO 業者を利用するメリットと、無責任な SEO 業者によってサイトが被害を受ける可能性について必ず検討してください。

Google Search Console ヘルプより

Googleが上位表示ランキング要素のトップ3を公式に発表

上位表示ランキング要素のトップ3
SEO対策につきまして、ネット場でいろんな情報があふれています。中の人であるGoogleのアンドレ・リパッセ氏が明らかにしたGoogle検索のランキング要素のトップ3

  • リンク
  • コンテンツ
  • RankBrain(ランクブレイン)

※この内容は「Search Engine Land」に掲載されました「Now we know: Here are Google’s top 3 search ranking factors」を翻訳なれた内容で紹介しています。

検索エンジンに上位表示させるためのご提案

リンクの獲得

┗ 外部リンクの自作自演行為、被リンクを買う行為はペナルティーの対象となる為、自然リンクの獲得だ大事です。
裏技ではなくあくまで自然リンクを獲得するための作戦と構築します。

コンテンツの制作

┗ 今やSEOコンテンツ時代!売り込みだけのホームページに人は集まりません。既存のお客様に対して「喜ばれる情報」の提供、新規のお客様獲得に向けた「欲しがる情報」コンテンツを作成し、永続的に御社のホームページに見込み客を集める仕組みを作成します。

RankBrain対策

┗ Googleが名づけた機械学習を用いた人工知能システム(30兆ものwebページを1秒たらずで、そのキーワードにマッチした検索結果を導き出すと言われている。)
日々進化していく情報を提供していきます。

WEBコンテンツSEO集客

WEBコンテンツSEO
宣伝だけのホームページだけでは人は集まりません。見込み客がほしがるコンテンツ「業界最新の情報」「問題の解決」「疑問の解消」「より多くの専門知識」「情報交換」こうしたニーズが網羅されればより多くのファンが出来、自社サイトに訪問者が増えます。

結果、そのコンテンツが検索エンジンに高評価を与え検索順位が上がりSEO対策による集客が成功へと導けるのです。
そしてそのコンテンツを積み重ねることにより、より多くのアクセスが獲得でき「より強いものがより強くなる」ライバル社との差が広がり無限の好循環で他を圧倒できるのです。

「選ばれる理由」の導入

上位表示を達成させるためには、訪問したページの見やすさ使いやすさまでが行動をAIでチェックし UX(ユーザーエクスペリエンス)が重要であるとされています。また、ライバル社とホームページを比較した訪問者に「お問い合わせ」に繋げるには必ず「選ばれる理由」が必要とされます。外部だけの対策ではなく訪問者に対し下記のコンテンツが導入できているかチェックする必要があります。

~選ばれる理由例~

  • 思いを込めたストーリーメッセージ
  • 他社の商品・サービスより優っているところ
  • 論より証拠の高品質ビフォア写真
  • 信頼性の高いお客様の声
  • 価格競争力
  • 定期的なお客様絵のサポートケア
  • いつでも解約可能など

主な対策内容

  1. 御社に適した成果の出るキーワードの選定
  2. トップページ、サブページの内部対策最適化 ※1
  3. トップページ、サブページ外部対策(当社管理サイト、ブログからの被リンク)
  4. ソーシャルメディア等の活用術伝授
  5. 無料アクセス解析ツールの導入
  6. メールサポート

※1 トップページ、サブページSEO対策内容

  • タイトルタグ最適化
  • METAタグ最適化
  • 見出しタグ最適化
  • キーワード出現頻度の調整
  • キーワード近接度の調整
  • キーワード突出度の調整
  • stronタグ・pタグ最適化
  • アンカーテキスト最適化

良くある質問

:キーワード難易度は何で決まるのですか?
:キーワードの難易度は、対象となるキーワードの月間検索回数によって決定します。

:ある程度上位に表示されているキーワードの料金は安くなりますか?
:すでに20位前後辺りに表示されているキーワードでの料金は、通常お見積り金額の50%OFFで承ります。

:上位表示できるのは、ホームページだけですか?
:上位表示できるのは、ホームページ・コンテンツページ(下層ページ)・ブログ・Twitterなどが対象です。

SEO対策料金

SEO対策
¥20,000~/月
※トップ10位以内表示などを目指しあらゆる面からの施策を時間を掛けて行います。
※キーワードの難易度によって価格の上下がございます。詳細はお問い合わせください。
※金額は税抜き価格です。
※他社様が制作されたホームページでも対応させていただきます。お気軽にお問い合せ下さい。
SEO対策 ¥20,000~/月 ※トップ10位以内表示などを目指しあらゆる面からの施策を時間を掛けて行います。
※キーワードの難易度によって価格の上下がございます。詳細はお問い合わせください。
※金額は税抜き価格です。
※他社様が制作されたホームページでも対応させていただきます。お気軽にお問い合せ下さい。

集客にSEOは必要?抑えるべきSEO対策と業者選択のポイント

SEO対策のことを「とにかくキーワードを詰め込むこと」と思っていませんか?「SEO=キーワード(ロングテールキーワード等)」といった誤解は、企業Web担当者の方にも多く見られます。

もちろんキーワードに関する調査も重要ではありますが、SEO対策はそれがすべてではありません。SEOとは「検索エンジン最適化(search engine optimization)」の略称。Google等のサーチエンジンに自社サイトの検索結果を上位表示させられることを目的とした、様々な対策を総称したものが「検索エンジン最適化」なのです。

マイ
Google等のサーチエンジンは、「ユーザー(一般利用者)達にとって役に立つサイト」を求めています。つまりGoogle側が「専門性がある」「役に立つ」と判断できるように、サイト・ブログ等の構造や内容を最適化していくことが、「検索上位」となるために重要なのですね。では、SEO対策の一例を見ていきましょう。

 
1)サイト構成の見直し:エラーページがある、適切な表示がされないといったサイト構成の問題があると、サイト全体の検索結果が下る恐れがある。リダイレクト・ホスティングといった技術的な見直しが必要。
2)セキュリティ・表示の見直し:スマホ対応はしているか?ブラウザや利用環境が限定されてはいないか。どの環境・ブラウザでも快適に表示できるサイト作成が必要。セキュリティ対応「SSL/HTTPS」の導入有無も、Googleのアルゴリズムの要素として盛り込まれている。
3)クローラビリティの向上:Googleサーチロボットがサイトをうまく解析できるように対策する。画像情報には「alt属性」を設定する。またリンクには適切なアンカーテキストを使用し、リンク先をロボットに解析させる。
4)コンテンツの充実:そもそもサイトコンテンツが不足していてはNG。サブコンテンツやユーザーの役に立つエデュケーショナルコンテンツを盛り込み、定期的な更新を行う。
5)キーワードの選定:ユーザーが検索時に使いやすいキーワードを想定し、テキストに盛り込んでいく。
6)キャンペーン展開:Twitter、Instagram等のSNS等を使用して、ユーザー数・認知度アップのキャンペーンを展開。この他アメブロ等のブログ、YouTube等の動画サイト等も活用。SNSや動画サイト等からのリンクが増加することで他サイトからの被リンク数が連動的に増加することが期待できる。

現在上位表示を占めているサイトは、このような多彩なSEO対策を行うことで「役立つサイト」「専門性のあるサイト」という評価をGoogleから受けているのです。

上記のようなSEO対策を行うサイトとまったく気にしていないサイトでは、表示順位に大きな差が出てきます。忙しいユーザー達は、検索結果の最初の1ページしか見てくれません。

アイラ
つまり「検索5位以内」に食い込めるかどうかが、サイトのユーザー数、PV数を左右することになるのですね。多くのユーザーの目に止まり、Webで存在感を発揮するためには「SEO」は絶対に必要と言えますね。

続きはこちら >