Web制作関連入門

無料でホームページが作れる『Googleサイト』の評判は?長所短所を比較!

「無料でホームページを作りたいからツールを探さなくては…」こんな時、誰もが一度は選択肢に入れるのが『Google Sites(Googleサイト)』ではないでしょうか?専門知識も不要で、無料または安価に、短い時間でサクサクとホームページが作れる…Googleサイトはまさに「カンタンにホームページが作りたい」という人にピッタリのツールなんです。

でも人気のサービスだからといって、必ずしも誰にでも合うかというとそういうわけではありません。作りたいサイトの内容等によっては、Googleサイトの特徴がデメリットとなることも考えられます。

自分の作りたいサイトにGoogleサイトは合うのか?その点を考えつつ、ツール選びをしていくことが大切です。ここでは無料ホームページ作成サービス『Googleサイト』について、その特徴やメリット・デメリット、良い評判悪い評判を比較しながら解説していきます。

無料ホームページ作成サービス『Googleサイト』とは

まずは『Google Sites(Googleサイト)』というサービスについて、基本的な情報や料金面等を知っておきましょう。

Googleサイトの基本情報

母体企業Google Inc.(設立1998年~)
サービス開始2008年~
国際対応あり
サービス利用用途個人用、サークル等の集団利用、社内ポータルサイト用等
モバイル最適化あり
URLhttps://sites.google.com/

Googleサイトは、検索エンジンとして有名な「Google(グーグル)」を提供する「Google Inc.」が開発したサービスのひとつです。検索エンジン「Google」は、誰もが毎日のようにお世話になっていますよね。

Googleでは検索エンジン以外にもGmail、Google MapやGoogleドライブ等様々なサービスを提供していますが、Googleサイトもそのひとつとして2008年より運用されています。母体企業の基盤の強さは申し分無しと言えるでしょう。

Googleサイトの料金システム

  • 無料

Googleサイトは基本機能をすべて無料で利用することができます。旧バージョンのGoogleサイトでは、無料の場合だとサイト全体の容量に1ドメイン10GBまでの制限がかけられていましたが、現在のバージョンではそのような制限も撤廃されました。

Googleアカウントを無料で作成すれば、誰でもすぐにホームページの制作をスタートすることができます。すでにGoogleアカウントを所持している場合には、そのアカウントを使ってもOK。また、ホームページ作成用に別途アカウントを作っても構いません。

Googleサイトを使うメリット・良い評判を知りたい!

無料ホームページ作成ツール『Googleサイト』は、世界中の多くのユーザーから良い評判を得ているサービスです。特にどのような点が好評のポイントとなっているのかを見てみましょう。

ラクにホームページが作れる

Googleサイトでのホームページ制作では、HTMLやCSS等のコーディング知識は必要ありません。「WEBサイトを作るのが初めて」という人でも、テーマを選んでガイドに従いながら必要なツールを追加していけば、自分だけのオリジナルサイトを作り上げることができます。

サイト制作・編集画面も直感的であり、見たままを編集していけるので気楽です。ブログサービスやSNSのお着替え・画面設定変更等を経験したことがある人なら、スムーズに編集を進めてゆけることでしょう。

また、作成したWEBページをアップロードする方法もスムーズ。サーバと契約したり、維持費を払ったりといった手間やお金も要りません。

Google各サービスとの連携がカンタン

Googleサイトは、その名のとおり『Google』が提供するWEBサービスのひとつ。ですからその他のGoogleサービスとの連携がしやすいように考えられています。

次のようなサービスを使ったことがあるという人も多いのではないでしょうか?これらはいずれも、Googleによるサービスです。

Googleの他サービスの例

例えばカレンダー機能をホームページと連携させれば、スタッフ全員のスケジュールを共有することもカンタンになります。特に今までGoogle スプレッドシート等で仕事を共有してきた人なら、とてもスムーズにホームページでの情報共有ができることでしょう。

また動画配信サイトである『You Tube』も2006年からGoogleが所有しているため、You Tubeとの連携もカンタン。ホームページ上に動画を掲載して、ノウハウ情報等をわかりやすく説明することもできます。

複数人での編集ができる

無料のホームページ制作ツールを使い始めたは良いけれど、制作に使えるアカウントがひとつしかなくて、WEB制作担当1名がキリキリと作業をしている……こんな経験があるという人もいるはず。

特に社内や店内スタッフ同士で使うホームページや、学校・サークル等のためのホームページ等の場合、複数人であれこれと編集作業ができた方が便利ですよね。

『Googleサイト』では、他のユーザーに編集権限を渡し、複数人でホームページの制作・編集を行うことができます。例えば共有するカレンダーに各自がスケジュールを書き込んだり、コンテンツ毎に別のスタッフが更新を行うといった分担もできるというわけです。

レスポンシブデザインに対応!

レスポンシブデザインとは、PC・スマホ・タブレットと観る側の環境によってデザインを自動的に切り替えるサイトデザイン対応のこと。例えばPCサイトをそのままスマホで見ようとすると、画面が小さくてとても見にくいですよね。

今ではスマホユーザーの方が多いくらいですが、ビジネスシーンではPCを使いたいシーンも多々あります。観る側(ユーザー)の端末に合わせてWEBデザインを適宜切り替えられるレスポンシブデザインは、今やホームページに必須なのです。

『Googleサイト』はレスポンシブデザイン対応ができているので、作成したホームページはスマホでも見やすい仕様に切り替えてくれます。特別な設定を行う必要も無いので手間いらずです。

Googleサイトにデメリット・悪い評判はある?

カンタンにサイトが作れて利便性も高いと、良い評判が多々集まっている『Googleサイト』。しかし、中には「あまり良くない」という辛口の評判も見られます。

Googleサイトを利用する上で知っておきたいデメリットには、どんな点があるのでしょうか。

パソコンでしか編集できない

Googleサイトを編集するには、PC(パソコン)のWEBブラウザを使う必要があります。タブレットやスマホでは、Googleサイトの制作・編集ができないのです。

WEB制作に関わる人達にPCユーザーが居ない場合には、Googleサイトは利用できません。また制作チーム内にPCユーザーが極端に少ないという場合も、利用はよく検討してからの方が良いでしょう。

Googleサイトの編集には、さらに使用するWEBブラウザにも制限があります。

編集用の推奨ブラウザ

  • Google Chrome 最新バージョンまたはその一つ前
  • Firefox 最新バージョン

編集に利用できないブラウザ

  • Internet Explorer
  • マイクロソフトEdge
  • Safari 等

基本的にGoogle Chromeを使った方が編集作業が安定すると考えた方が良いです。Chromeに慣れていない人の場合、まずWEBブラウザの操作になれるところから始めなくてはなりません。

PC初心者の方の場合、慣れ親しんだブラウザがIE(Internet Explorer)やEdgeというケースが意外と多いもの。Chrome等に慣れなくてはいけない点が、意外と大きなネックとなることもあります。

独自ドメインは設定できない

『Googleサイト』で制作したWEBサイトは、基本的に独自ドメインを設定することができません。ホームページは原則として、Googleサイト内のドメインとして設定されます。

つまり自社サイトとしてホームページを制作しても、そのサイトのURLの冒頭には必ず「https://sites.google.com/view/●●●●●」というGoogleドメインがつくわけです。

URLの時点で「Googleサイトで作ったホームページである」というのは丸わかりですし、借り物感が非常に強いことは否定できません。

本格的なビジネス用サイト(企業のオフィシャルサイトや商用のECサイト等)を制作するには、Googleサイトは向いているとは言い難いところがあります。

フッターに「Google」表示が出る

『Googleサイト』で無料制作したホームページには、フッター部分に「Googleサイト」の宣伝キャッチコピーのような一文が入ります。フッターは一番下部なので、目立ちにくいと言えば目立ちにくい場所ではありますが、サイト全体を眺めればGoogleサイトで制作したことは丸わかりです。

競合他社の無料ホームページ作成サービスの場合、無料プランだと他社広告が出てしまうので、それに比べればGoogleサイトの一文程度なのは目立たない方とは言えます。

ただ競合他社の場合ですと有料プランにすれば広告は消せますが、『Googleサイト』のフッター表示は消すことができません。上記の「独自ドメイン不可」に加えてこの「Googleサイトの表示」がつくことで、商用サイトとしては不向きになりやすいです。

デザインの制限が多い

カンタンにサクサクっとホームページが作れるのが魅力の『Googleサイト』ですが、その分だけ、テンプレート(テーマ)の大幅な変更はできません。これには過度な変更を行うと、レスポンシブデザインが崩れてしまう恐れもあるからでしょう。

しかし例えば『WordPress』のように自由度が高いツールで、細かな部分のデザインまでこだわりたい…といったWEB制作をしたい人には、Googleサイトは不向きです。

またGoogleサイトのテーマは、基本的にシンプルなものが多いです。見やすくスッキリしているのは良い点ですが、オリジナリティを出すのはやや難しいところ。カフェや美容院・若者向けのイベントのような「スタイリッシュなデザインで責めたい」という場合だと、不満が出てくるかもしれません。

Googleサイトはこんな人におすすめ!

『Googleサイト』の良い評判やあまり良くない評判を比較していくと、特に次のような人に向いたホームページ作成サービスであることがわかります。

社内用サイト・連絡用サイトを作りたい人

機能性が高くシンプルで見やすいデザインの『Googleサイト』作成ホームページは、特に社内用で使用するサイト等、内部向けのサイトに使うのにピッタリです。

  • 社内向けポータルサイト
  • スタッフ用の連絡用サイト
  • サークル用のサイト
  • 学校の部活やコミュニティ用サイト
  • 趣味のサークル用サイト 等

特にGoogleカレンダー等での情報共有がしやすいので、複数人の決まったメンバーで使うようなサイト作りには向いています。維持費用などがかからないので、コストを抑えながらの情報周知手段を作りたい人には特におすすめです。

Google各サービスを使っている人

すでにスプレッドシートやGoogleカレンダー等でお互いの情報交換を行っている…という仲間うちでホームページを作るのであれば、『Googleサイト』は最高のツールとなってくれることでしょう。

今まで使っていたツールとほとんど変わらない感覚でホームページを使いこなすことができますから、利用者同士でのストレスも少ないはず。特にPCユーザーが多い環境であれば、複数人で活発な更新をしながらサイトを作成していくこともできます。

日常的にPC用ChromeやFirefoxを使っている人

日常生活でPCを使っており、なおかつインターネットブラウザが「GoogleChrome」や「Firefox」である人ならば、Googleサイトを使うのに抵抗感はまったく無いはず。普段のネットサーフィンをするような感覚で、気軽にホームページを作れることでしょう。

おわりに

『Googleサイト』の最大級の魅力は、はGoogleアカウントとPCを環境があれば誰でも今すぐにホームページ制作にとりかかることができるという点かもしれません。他の無料ホームページ作成ツールと比較をするという意味で、一度ためしに『Googleサイト』でWEBページを作ってみるというのも手ですね。

関連記事

最近の記事

  1. スマホ・モバイルサイトの表示速度が遅い?4つの対策をチェック

  2. ホームページ重くない?表示速度が遅い6つの原因とは

  3. 無料でホームページが作れる『Googleサイト』の評判は?長所短所を比較!

  4. 無料ホームページ作成ツール『STUDIO』人気の理由は?評判は?

  5. 無料でホームページ作成できるWebnode(ウェブノード)の評判と解説

TOP