無料で使える『STORES予約』ってどう?メリット・デメリットを比較!

STORES 予約

「店舗の予約システムどうしよう」「LINEのメッセージで予約を受け付けてるけど、めんどくさい…」こんな悩みを持っていませんか?いま気軽に予約システムを使い人たちから熱い注目を浴びているのが「STORES予約」のサービスです。なんと最低料金が無料で、最先端のWeb予約システムを使うことができるんですよ。

とは言え「無料の予約システムです」と言われるだけだと「怪しい会社なのでは?」と思う人も多いことでしょう。また、STORES予約の評判が気になる人もいるはず。ここではSTORES予約について、その基本情報やメリット・デメリット等を詳しく解説していきます。

STORES予約の基本情報と料金体系

まずは『STORES予約』がどのようなシステムなのか、料金はいくらなのか等、基本的な情報について見ていきます。

STORES予約(旧Coubic)の基本情報

『STORES予約』はヘイ株式会社が運営するオンライン・Web予約システムサービスです。以前は「Coubic」という名称でサービス提供が行われていましたが、2020年10月にサービス名が変更され、現在の『STORES予約』になりました。

母体運営企業ヘイ株式会社(本社東京都渋谷区東3丁目16番3号 エフ・ニッセイ恵比寿ビル4階)
利用サービス数80,000以上
サービス利用用途オンライン教室予約、サービス販売予約等
利用企業例パソナ、象印、JINS、ワコール、東急電鉄等
URLhttps://stores.jp/reserve
サービス7年目になる人気システム

STORES予約は旧名称Coubicの頃から数えると2021年にサービス7年目を迎えます。独立したWebオンライン予約システムとしては比較的歴史があり、実績のあるシステムと言えるでしょう。

業界大手・上場企業も多数利用

上の「利用企業例」で挙げた企業の他にも、子ども向け記念撮影で人気の「スタジオアリス」、スポーツクラブの「ルネッサンス」等、業界人気の店舗も多数。さらにLINE等の人気企業も『STORES予約』のサービスを利用しています。

一流企業が導入しているサービスであれば、安心して利用することができますね。

STORES予約の料金

STORES予約の料金

  • フリープラン:月額費用0円 月間予約数100件 予約ページ公開数2ページ
  • ライトプラン:月額費用12,078円 年契約すると1ヶ月あたり8,778円 月間予約数200件 予約ページ公開数10ページ
  • スタンダード:月額費用\29,678円 年契約すると1ヶ月あたり26,378円 月間予約数1,000件 予約ページ公開数 無制限
  • プラチナ:月額費用77,000円 年契約すると1ヶ月あたり66,000円 月間予約数3,000件 予約ページ公開数 無制限

※料金はすべて税込

『STORES予約』の料金は、フリープランは月額0円・完全無料となっています。「とりあえず予約システムを使ってみたい」という時でも、気軽に使い始めることができるというわけです。

STORES予約の良い点・メリット

では『STORES予約』について、良い評判は使用するメリットを見ていきましょう。

PC不要!スマホやタブレットでも操作OK

「ネット予約システムを導入してみたいけど、PCを持っていない」「パソコンの操作には自身が無い」という人も多いのではないでしょうか。特に個人経営の教室や店舗等だと、予約のためだけにPCを用意するのも大変ですよね。

『STORES予約』では、PCはもちろん、スマホやiPadなどのタブレットでの操作にも対応しています。

普段持っているスマホで、カンタンにWeb予約システムを構築することもできるというわけです。

専門知識不要!ガイドに沿ってサクサク登録

『ネット予約システム』というと、難しい操作が必要なのでは?と思われやすいですよね。でもSTORES予約の操作はとてもシンプルで感覚的です。

予約受付のタイプを選び、予約日程などをカレンダーに登録すれば、スムーズに予約システムを作ることができます。初診屋の人でも、普段使っているカレンダーアプリやEC系アプリと同じような感覚で使いこなせることでしょう。

予約用テンプレートが豊富

『STORES予約』はネット予約に特化したサービスなのが大きな特徴。そのため、予約関連のテンプレートも豊富です。

『STORES予約』では、次のような予約タイプのテンプレートが用意されています。

  • レッスン・イベントタイプ:すでに確定しているスケジュール(コマ数)の中から、顧客がコマを選んで予約をするタイプです。

ヨガ・ピラティス、料理教室、フィットネス、ワークショップ、セミナー、音楽教室、英会話教室等に特に向いていいます。

  • メニュー・コースタイプ:店舗・施設の営業時間の中で、顧客が自由に来店時間を選んで予約をするタイプです。顧客が選ぶメニュー内容に合わせ、来店時間を選択できるようになります。

美容院、ネイルサロン、マツエクサロン、カウンセリング、占い、レンタルスペース、デンタルクリニック、ペットサロン、ペットクリニックなどに特に向いているスタイルです。

  • メニュー・コースタイプ(複数スタッフ登録タイプ):営業時間の中で、来店時間に加えてスタッフを指名するタイプの予約スタイルです。

美容サロン、マッサージサロン、エステサロン、介護関連施設など、スタッフの指名制度がある店舗に向いています。なお複数スタッフ登録タイプについては、スタンダードプラン以上での限定提供となります。

自社・次店舗の経営スタイルに合わせてテンプレートを選べば、カンタンに予約システムを作ることができるというわけです。

回数券システムもある

STORES予約では「回数券システム」も用意されています。これは通常の回数券と同じく、規定の回数を使える予約用チケットを発行できるシステム。

回数券の名前や、金額・回数・有効期限等は、ご自分の好みで設定することができます。

例えばエステサロンの「6回分チケット」を作って通常料金より割引料金に設定にすれば、「それなら6回セット」にしようかな?と考える人も多いことでしょう。回数券システムを導入することで、リピータ率を高められるというわけです。

このシステムは元々有料プランのみでの展開だったのですが、現在ではフリープラン(無料プラン)でも導入することができるようになっています。リピーター獲得のために、ぜひ使ってみたいですね。

ZOOMとの連携もOK!

zoom連携にも対応
2020年からの新型コロナウイルスの影響で、教室等をオンライン化しているという人も多いはず。業務のオンライン化のためにZOOMを使っているという人も珍しくないことでしょう。

『STORES予約』でライトプラン以上を選べば、予約システムとZOOMを連携させることもできます。予約をした人には自動的にZOOMに入るためのメールやリマインドメールが届くため、面倒な手作業をする必要もありません。

ZOOMを使ったオンラインサロン・オンラインセミナー等の予約をスムーズにしたい時にピッタリです。

月謝システムにもできる

『STORES予約』では、月謝払いのシステムを導入することもできます。例えば英会話教室等の習い事や、サブスクリプションサービス等を提供したい時にも助かりますね。

こちらも月謝名や支払金額等は自由に設定が可能。また、月額購入時の決済は購入時点か翌月1日の2通りを選ぶことができます。

月謝の購入履歴(売上状況)は、一覧でサクッと確認することができるのでスピーディ。支払い状態をいちいち確認する手間はもう必要ありません。こちらも以前は有料プランのみのプレミアムサービスでしたが、現在ではフリープラン(無料)で使えるようになりました。

Googleでの予約に対応!

ライトプラン以上の『STORES予約』ユーザーは、「Googleで予約」の機能を使うこともできます。

「Googleで予約」とは、次のようなGoogleの機能と連携して、Google上から直接予約をすることができるサービスです。

  • Google検索
  • GoogleMap
  • Googleアシスタント など

例えば見込み客がGoogle Mapを使って、あなたのヨガスタジオを見つけたとします。見込み客はGoogleMapに表示されるままにレッスンや日時を選択し、スムーズに予約を取ることができます。

Google流入で得た顧客を離すことなく、一気に「予約」というコンバージョンへつなげることができるわけです。

『STORES予約』導入事例

モノカどうぶつ病院 〜STORES 予約 を使って予約業務を8割削減!長年愛用する STORES 予約 の魅力とは〜
ヨガスタジオ atama 〜お客様からの後押しを受けてオンラインレッスンを開始!〜
こころの食卓料理教室 〜自動メールや一斉メール・SMS配信を活用して3月先の予約まで満員に!〜
ふよう治療院 〜複数スタッフ管理などで事務作業が4 分の1に!!〜
トータル美bodyメイクサロン 〜〜業務効率化に成功!売上も約3倍に〜〜
ショコラボックス 〜予約数が7倍に!愛され続けるうさぎ羊毛フェルト教室の集客のコツは?〜
Go Visions 株式会社 〜Go Visions 〜月謝・チケット制(回数券)機能が便利!メール自動配信で業務効率化も〜〜

STORES予約の良くない点・デメリット

様々な魅力がある『STORES予約』ですが、良くない点や使う上でのデメリットはあるのでしょうか。

フリープランは予約数が少ない

『STORES予約』のフリープラン(月額料無料)の場合、1ヶ月に利用できる予約数は100件までとなっています。

1ヶ月の営業日数を30日とした場合だと、無料で取れる予約数は1日3件前後。1ヶ月営業日数が20日前後のお店でも、1日の予約数は5件までが限度です。

個人で経営しているサロン等なら、「1ヶ月100件でも十分」というケースも多くあることでしょう。また「電話予約がメインで、Web予約はサブ」といった使い方なら、100件以内で賄えるケースもありそうです。

しかし予約コマ数が多い教室や利用者数が多いサロン等だと、無料プランでは予約数が足りない可能性があります。

フリープランは手数料がやや高い

『STORES予約』の事前決済予約・回数券システムの購入・月額課金型での購入の場合には、決済の際に手数料がかかります。手数料の率は、契約しているプランによって違います。

ライトプラン・スタンダードプラン・プラチナプランの場合

4.9%+99円

フリープランの場合

6.6%+99円

有料プランの手数料については、一般的なネットショップサービスシステム等の平均値とそこまで大きくは変わりません。しかしフリープランの場合はやや手数料が高めです。

「小規模なので手数料が痛いな」という場合には、手数料がかからない現地決済にしてしまうのも手。ただしこれは、実店舗や教室を開いている場合に限られます。またせっかくのスムーズなオンライン決済システムが使えないのはやや残念ですね。

なお、有料プランの手数料については予約数・売上数に応じて変更がきく場合があります。月間予約数が10,000件~といった場合には、プラン変更をする前に問い合わせをしてみた方が良いでしょう。

支払い方法の選択肢がやや少ない

『STORES予約』では、事前予約や月謝の支払い、回数券の購入等において、クレジットカード決済を使うことができます。

ただ対応しているクレジットカードブランドは「VISA」「 MasterCard 」「AMEX」の3点なので、ブランド数としてはやや少ないと言えるかもしれません。

また残念ながら現在のところ、現地決済以外での支払い方法はクレジットカードのみに限定されています。楽天ペイ等のキャッシュレスアプリ等は使うことができません。

『STORES予約』はこんな店におすすめ

『STORES予約』の評判やメリット・デメリットを比較していくと、次のような店舗や教室に特に向いているサービスとなりそうです。

  • Web予約システムをこれから導入したい
  • 小規模で予約数も少ないのでコストをかけたくない
  • Webの専門用語等がよくわからない
  • 実績のある安心して使えるシステムが良い
  • GoogleやZOOMと連携して売上を増やしたい

『STORES予約』を利用したユーザーは、その約70%が売上アップを感じているのだとか。「Web予約」を通じて売上アップを狙いたい人は、ぜひ取り入れてみたいサービスと言えるでしょう。

おわりに

『STORES予約』の評判やメリット・デメリット等の情報はあなたのマーケティングのお役に立ちそうでしょうか?『STORES予約』は名称変更以降もGoogleで予約機能等の新機能を次々と導入し、サービスはさらに充実度を増しています。

あなたの会社や店舗の規模やニーズとマッチすれば、とても頼りになる予約システムとなってくれることでしょう。

「集客」無料相談承ります!

お問い合わせはこちら

関連記事

  1. ブログタイトル

    ブログ集客率はタイトルで変わる!決め方の8つのヒント

  2. ホームページの制作・運用管理の相場

    ホームページの制作・運用管理💴の相場は?損しないポイン…

  3. キーワードの選び方

    SEO対策のためのキーワードの選び方・基本の6ステップ

  4. zoomオンラインキャバクラ

    Zoomキャバクラとは?やり方は?ズムキャバ【基礎編】

  5. twitter

    Web担当必読!Twitter集客に成功する8つのコツとは

  6. 無料ホームページwix

    無料でホームページが作れる「wix」の評判は?長所短所を比較!

制作実績一覧

  1. 行田市 三島造園有限会社
  2. 行田市リサイクルイズミ
  3. スパイシーベジーカレー
  4. bacchus
  5. ふじぜんリニューアル後
  6. legend-planning
  7. ポスティングこころざし様
  8. インテリアコーディネーター小島真子

最近の記事

  1. セルフSEO対策
  2. STORES 予約
  3. 無料で予約サイトが作れる【MOSH】
  4. 第三者の影響力 ウィンザー効果
  5. 『お客様の声』アンケート
  6. コアウェブバイタル(Core Web Vitals)
  7. FAQリッチリザルト
  8. WordPress
  9. Ameba Ownd(アメーバオウンド)
  10. Jimdo(ジンドゥ)