無料で予約サイトが作れる【MOSH】とは?メリット・デメリットを比較

無料で予約サイトが作れる【MOSH】

ヨガやフィットネス、セミナー等を開催する人だと「予約サイト」が欲しいところですよね。特に最近ですと「ZOOM」等でサービス販売をしたいけど、予約システムがうまくいかない!と困っている人も多いのではないでしょうか。

そんな人達から注目を浴びているのが、ホームページ作成サービスである『MOSH』です。予約サイトが無料で手軽に作れるとの評判で、すでに人気は上々の様子。ここではこの『MOSH』について、サービス内容やメリット・デメリットを詳しく解説していきます。

MOSH 公式サイト

メディア掲載

MOSHとは?3つの特徴

『MOSH』はインターネット上でサービスを販売する人向けのホームページ作成サービスです。

MOSHの基本情報

運営企業MOSH株式会社 (MOSH, Inc.)本社所在地 東京都渋谷区
サービス開始2018年~
ユーザ数2020年6月事業者登録数1万人突破
法人利用、団体利用可(事前申込み必要)
サービス利用用途ネットでのサービス販売(美容、リラクゼーション、フィットネス、情報商材等)
モバイル最適化あり
URLhttps://mosh.jp/

料金

ホームページ作成料無料
決済手数料売り上げが出た時点で8%(定期的に手数料3.6%キャンペーン開催あり)

ネットショップ等の「モノ」を売るサービスではなく、メイクアップ、理美容、フィットネス等の「サービス」を売る人のためのホームページ制作に特化したサービスを提供しています。

コロナの影響による「おこもり需要」でオンラインでのサービス販売を考える小規模事業者が増えたこともあり、利用者数は右肩上がりで増加中です。

【特徴1】スマホだけでホームページが作れる

『MOSH』では、スマートフォンがひとつあれば、ホームページをサクサクと作れ、予約管理をすることもできます。

ホームページのデザインテンプレートもすでに用意されているので、別途画像の編集ソフト等を用意する手間もゼロ。スマホ向け(モバイル向け)のホームページのみを作るのであれば、PCでレイアウト調整等を行う必要もありません。

【特徴2】サービス販売向けの機能が充実

『MOSH』はエステサロンや楽器の教室、マッサージ等、「モノではなくサービス」を販売することを想定した予約サイトを作るためのサービスです。そのためサービス系販売のための機能が充実しています。

  • 回数券機能
  • サブスクリプション機能
  • 顧客管理機能
  • 決済付き予約機能
  • 予約完了後のURL発行機能 等

決済付きの予約機能は『ペライチ』等でも搭載されてきましたが、『MOSH』はそれをよりサービス販売型に特化させ、顧客のニーズに合わせて膨らませてきていると言えるでしょう。

【特徴3】利用料は無料

最大の特徴とも言えるのが、ホームページ作成料やサーバ維持費等には一切お金がかからないという点です。ユーザーは売上があった場合のみ、一定の決済手数料を支払う形になります。

ネットオークションやフリマアプリ等に近い料金形態と言えるかもしれませんね。

MOSHの良い評判・メリットは?

無料ホームページ mosh 制作事例
サービス販売サイトをカンタンに作れる『MOSH』、そのメリットはどんなところにあるのでしょうか。

3分でサイト作成!ネットに弱くても大丈夫

『MOSH』の大きな魅力となっているのが、その操作のカンタンさです。『MOSH』はそもそも「サービス提供者はPCに強くない」ということを念頭においているのでしょう。

サイト作成操作は感覚的であり、ネットやスマホをあまり使わないという人でも一日でホームページを作り上げることができます。「多少スマホをよく使っている」という人ならば、最短3分でサイトを作ることも不可能ではありません。

管理ページ等も初心者向けにわかりやすく作られているので、「難しいことがあまりできない」という人にはとても助かるサービスとなっています。

自分のサービスに合わせた予約体制が作れる

『MOSH』では次のような種類から予約フォームを作ることができます。

  • クラス・イベント開催:日時指定で予約できるページが作れます。ヨガクラスや料理教室等、開催日程に合わせて予約を取りたいサービスにおすすめです。
  • プライベート予約:1on1で行うサービス向けの予約方法です。お客様とメッセージで確認を取りながら、スケジュール調整をしつつ予約をもらうことができます。プライベートスタイルの美容院や、個別レッスンなどに向いています。
  • サブスク:サブスクリプション型のサービスに向けたフォームです。予約を入れることで月極等の自動決済を行ってくれます。月額制の教室を展開する場合や、サブスク型のサロン等を開催する場合に向いています。
  • オンライン開催:ZOOMの連携によってオンラインレッスンが開催できます。ライブレッスン等を行う場合に使いやすいです。

さらに追加オプションや予約時の注意事項、規約等の編集も自分で自由に行うことができます。

「教室をやりたい」と言っても、その開催方法や料金の集め方は人によって様々ですよね。『MOSH』のように幅広いタイプに合わせてくれるホームページ作成サービスであれば、自分に合ったスタイルでサービス提供が行えることでしょう。

クレカ決済OK!現地払いにも対応

『MOSH』では、次の4つのカードを使った決済に対応しています。

  • VISAカード
  • MasterCard
  • DinersClub
  • AmericanExpress

予約をした時点で、クレジットカード決済ができる「事前予約決済」が選べるので、お客様との金銭のやりとりを減らしたいという時にも便利です。

ちなみにお客様がサービス利用前にキャンセルをした場合には、自動的に返金処理が行われます。このあたりの対応もラクで良いですね。

また現地での「現金払い」を設定することも可能。現金払いの場合には、手数料は発生しません。サービスごとに決済手段は設定することができるので、「この教室については現地で料金徴収にしようかな」といった使い分けもすることができます。

『ZOOM』との連携に強い

『ZOOM』はオンライン型のWeb会議サービスのこと。新型コロナウイルスによるリモートワークの増加や「家飲み会」等の需要の増加によって、一気に注目されるようになったサービスです。

最近では「ZOOM飲み会」などはもちろんのこと、ZOOMを使った次のようなサービスの需要も高まっています。

  • 語学教室(英会話、フランス語教室等)
  • 占い
  • メーキャップ教室
  • 俳句教室
  • ヨガのオンラインレッスン 等

サービス提供を『ZOOM』で行うことを考えているという人も多いのではないでしょうか。

『MOSH』は、このZOOMとの提携機能を備えています。ZOOM連携をした場合、顧客がオンラインレッスンやライブレッスンを予約すれば、自動的にZOOMのミーティングURLが生成され、開催24時間前には予約者に向けてメールが送られます。

サービス提供側はいちいちZOOMのミーティングを作成したり、お客様にメールを送ったりする手間を省略できるというわけです。

ZOOMでのサービス展開をしている人、今後の展開を予定している人にはかなり嬉しい機能となりそうですね。

レビュー機能も無料で使える

『MOSH』に登録すれば、レビュー機能も無料で使うことができます。近年では「初めてサービスを購入する」という時、クチコミやレビューを先に確認する人は実に78%にも達するのだとか。

レビュー機能を搭載しておけば、今いるお客様だけでなく今後の見込み客を増やす手がかりにもなることでしょう。
参考記事:第三者が発信した情報こそ、信頼に値するものだという判断をするウィンザー効果

ブログやInstagramとの連携もカンタン

『MOSH』ではブログやInstagramとの連携もスムーズに行うことができます。特にInstagramとの動線はしっかりと意識されているので、Instagramですでにフォロワーを獲得している人であれば集客をカンタンに行うこともできそうです。
参考記事:インスタグラム集客に成功するには?マーケティングの6つのポイント

MOSHの良くない評判・デメリットは?

様々な魅力がある『MOSH』ですが、良くない点やデメリットもあるのでしょうか。

テンプレートは外観変更NG

『MOSH』のホームページのデザインテンプレートはデザインのカスタマイズができません。

変更できるのは「中に入れる写真」と「テキスト」のみであり、その他の見た目は全ユーザーが同じということになります。

これはスマホ等の操作に強くないユーザーのために、ホームページ制作の手間をごくシンプルに削ぎ落とした結果と言えるでしょう。「カンタンに作れる」という分、「自分好みにデコレートする」ということはできないわけです。

ホームページ・公式サイトのデザインやUX(ユーザー・エクスペリエンス)等にこだわりたいという人の場合、『MOSH』だと物足りないという可能性は否定できません。

決済手数料が8%かかる

『MOSH』では、ホームページを作るも、維持するのも、お客様とのメッセージをやりとりするのにもお金は一切かかりません。しかし、クレカ決済を行った場合には、予約売上の8%が発生します。

「モノ」を売ることがメインであるネットショップ作成サービスの場合、平均的な決済手数料は3.5%~5%前後。それらに比較すると、決済手数料8%はやや高い数字であると言わざるをえません。

とは言えサーバ維持費等の月額必ずかかる出費が不要なので、そこまで売上が高くない場合には出費を少なめに抑えることができそうです。

どうしても決済手数料は払いたくない…という場合には、現地での現金払いを選ぶという方法もあります。

銀行振込には非対応

『MOSH』での決済方法は、現在のところクレジットカードまたは現地での現金払いのみとなっています。オンラインでの銀行振込、デビットカード等、その他の支払い方法には対応していません。

顧客がクレジットカードを持たない層が多いという場合、この点が難点となってしまう可能性もありそうです。

SEOにあまり強くない

『MOSH』はGoogle等の検索エンジン最適化(SEO)にはあまり力を入れていません。基本的にInstagram等のSNSからの流入、ブログからの流入を想定した作りになっています。

カンタンに言うと、Googleで「占い」「ヨガ」「対面レッスン」等のワードでググったとしても、あなたのホームページが上位に表示される可能性はやや低いということです。

Google、Google Map等による検索からの流入を狙っている人の場合、『MOSH』のSEO対策だと少々物足りない可能性は考えられます。

電話サポートが無い

『MOSH』のカスタマーサポートでは残念ながら電話サポートチームが置かれていません。カスタマーサポートはLINE@での受付のみとなっています。

ログインで困った、操作方法がよくわからない…このような場合には、LINE@で問い合わせをする必要があります。

問い合わせ対応時間は9:00~22:00・年中無休ですが、問い合わせ内容によっては返答に時間がかかることも。またLINE問い合わせでは、事前に『MOSH』のLINEアカウントを友だち追加しておく必要があります。

「電話でフルサポートしてほしい」「LINEは普段使わないからよくわからない」という人だと、サポート体制に不安があるかもしれません。

『MOSH』はこんな人にオススメ!

『MOSH』の評判やメリット・デメリットを比較していくと、次のような人に向いたサービスであることがわかります。

  • パソコンは苦手だけどスマホは使える
  • ホームページ・公式サイトは中身で勝負!
  • 個人規模でサービス提供している
  • クレカ決済or現地決済でOK
  • 宣伝はInstagramやブログで行う予定
  • ZOOMでのオンラインサービスに力を入れたい
  • 費用を抑えてサイト運営したい

サイトデザインのカスタマイズ等は「必要最低限」のシンプルさですが、そのかわりに「ホームページのことがよくわからない」という人も使いやすい点が大きな魅力です。

おわりに

無料で予約サイトが作れるサービス『MOSH』の特徴やメリット・デメリットの情報は、あなたの教室やセミナー運営のお役に立ちそうでしょうか? 

『MOSH』の魅力はなんといっても基本料金が無料であるという点です。まずは一度ホームページを試しに作ってみて、フォームなどがどんな仕上がりになるのかを無料で見てみるというのも良い手と言えそうですよ。

MOSH 公式サイト

「集客」無料相談承ります!

お問い合わせはこちら

関連記事

  1. 高い広告費に悩むサロン店主

    オンライン集客にブログコンテンツが必要な5つの理由

  2. 広告費

    店舗の広告宣伝費の金額相場は?宣伝費用を考えるための5つのポイント

  3. Jimdo(ジンドゥ)

    無料ホームページ作成サービスJimdoの評判を徹底解析

  4. 飲食店の集客

    宣伝コストを最大限に抑えて売上アップ!飲食店がやるべき9つの集客術

  5. 多言語

    多言語対応ホームページ🌏は必要?3つのメリットと注意点…

  6. 公式サイトを持たないデメリット

    企業ホームページは必要?公式サイトを持たない4つのデメリット

制作実績一覧

  1. 行田市 三島造園有限会社
  2. 行田市リサイクルイズミ
  3. スパイシーベジーカレー
  4. bacchus
  5. ふじぜんリニューアル後
  6. legend-planning
  7. ポスティングこころざし様
  8. インテリアコーディネーター小島真子

最近の記事

  1. セルフSEO対策
  2. STORES 予約
  3. 無料で予約サイトが作れる【MOSH】
  4. 第三者の影響力 ウィンザー効果
  5. 『お客様の声』アンケート
  6. コアウェブバイタル(Core Web Vitals)
  7. FAQリッチリザルト
  8. WordPress
  9. Ameba Ownd(アメーバオウンド)
  10. Jimdo(ジンドゥ)