Web制作関連入門

無料でホームページが作れる「Weebly(ウィーブリー)」の評判を長短比較!

ホームページ作成サービス選びをする時、必ず候補に上がるだろうひとつが『Weebly(ウィーブリー)』です。

世界的にも有名なサービスですから「名前だけは知っている」という人も多いのではないでしょうか?ホームページ作成サービスを選ぶ時、必ず候補に上がる業者のひとつと言えるでしょう。

Weeblyは実は無料でもホームページが作れる等、コストを抑えてホームページ運営をしたい人にも嬉しいサービスなんです。ここではホームページ作成サービス『Weebly』について、その特徴や料金面、良い評判や悪い評判等を見ていきます。ホームページ作成サービスを比較しながら選びたい時の参考にしてみてくださいね。

Weebly(ウィーブリー) 公式サイト

無料ホームページ作成サービス『Weebly』とは?特徴と料金

『Weebly(ウィーブリー)』は、『WIX.com』等に続く大手の無料ホームページ作成サービス(ウェブサイト作成・運営サイト)です。

Weeblyの基本情報

母体企業Square, Inc.(2018年4月に前企業より買収)
企業本社設立2009年(サンフランシスコ、モバイル決済企業として)
サービス開始2006年3月~
ユーザ数1,500万人以上、5,000万サイト~
利用語数日本語等15ヶ国語以上に対応
サービス利用用途個人用、商用、教育用、デザイン用等
モバイル最適化あり
URLhttps://www.weebly.com/jp

母体企業が一度買収されているので変更されていますが、基本的なサービスは2006年のサービス開始から続けられており、定評のある老舗サービスのひとつと言えます。利用サイト数は全世界で5,000万以上と、超大規模かつ世界的にもメジャーなサイト作成サービスです。

Weeblyの料金システム

Weeblyでは、通常用のWebサイト向けの料金システムとECサイト用の料金システムの2種類が用意されています。

通常Webサイト用

通常Webサイト用料金システム
全プラン1アカウント10サイト作成が可能

  • 無料プラン:月額0円(無料) ストレージ500MB
  • CONNECT :月額 5USドル ※年間支払の場合 ストレージ500MB 独自ドメイン使用可
  • PRO:月額 12USドル※年間支払の場合 ストレージ無制限、 独自ドメイン、1年間ドメイン無料、広告非表示設定、サイト内検索対応、ビデオ背景、メンバー100人
  • BUSINESS:月額25USドル※年間支払の場合  ストレージ無制限、独自ドメイン、1年間ドメイン無料、広告非表示設定、サイト内検索対応、ビデオ背景、メンバー無制限

ECサイト・オンラインストア用

ECサイト・オンラインストア用 料金システム

  • PRO:月額費用 12USドル※年間支払の場合  独自ドメイン、広告非表示、ショッピングカート機能、商品数制限25まで、取引手数料3%
  • BUSINESS:月額費用 25USドル※年間支払の場合 独自ドメイン、広告非表示、ショッピングカート機能、商品数無制限、取引手数料0%、優先サポート
  • ビジネスプラス:月額費用38USドル※年間支払の場合 独自ドメイン、広告非表示、ショッピングカート機能、商品数無制限、取引手数料0%、優先サポート、Eメールマーケテイング

利用プランは無料(月額0円)からあり、有料プランも月数百円程度の手軽なものも存在しています。年間支払にすることで料金が2割り程度割引となるので、コストを抑えたいのであれば年間支払を視野に入れることをおすすめします。

『Weebly』の良い点・良い評判・メリットは?

ではまずWeeblyの良い点について、また利用者からの良い評判について見ていきましょう。

ドラッグ&ドロップだけでOKのカンタン操作

Weebly ドラッグ&ドロップ
Weeblyの大きな魅力が、基本的な操作がドラッグ&ドロップだけで済むという点です。Weeblyはサービス作成当初から「初心者でも作れるホームページサービス」を目指しており、シンプルかつ直感的な操作感を大切にしています。

テンプレートを選び、必要なパーツを選んで追加すれば、誰でもカンタンに素敵なホームページのできあがり。もちろん「こだわって作りたい!」というのであれば別ですが、サクサク作りたいのであればHTMLやCSS等の専門知識を学ぶ必要はありません。

また管理画面もいたってシンプル。無料ブログやSNSの着替えをするような感覚で、気軽にホームページの作成・運営を行うことができます。

スタイリッシュでおしゃれなテンプレート

Weeblyではおしゃれなデザインのテンプレート(テーマ)が豊富に揃っています。オンラインストア用、ビジネス用、イベント用等、それぞれの用途に合わせたテンプレートがあるのも嬉しいところ。外資系サービスらしく雰囲気がスタイリッシュなので、美容院やカフェ等、見た目で勝負したい店舗にもおすすめです。

レスポンシブデザインに対応

レスポンシブデザインとは、PC・タブレット・スマホ等で異なる画面サイズをWebサイト表示の判断基準として、レイアウトを柔軟に調整可能とすることを言います。

今はスマホユーザーが多いですがPCユーザーも根強くいますので、両方のユーザーに合わせたサイト表示をさせなくてはなりません。でもPC用サイトとスマホ用サイトをいちいち別に作っていくのって、かなり手間もかかるし大変ですよね。

レスポンシブデザインに対応したWeeblyのテーマを使えば、PC向けサイトと同時にスマホ用サイトも作ることができます。手間を省略しつつ、多くのユーザーに親切なサイトとすることができるわけです。

会員限定のサイト作成が可能

『Weebly』の嬉しい機能が、閲覧者を限定したサイトを作成できるという点です。例えばサークル限定ページ、入会者のみが閲覧できるページ等、コミュニティ内で完結させたWebページをカンタンに作ることができます。

有料のBUSINESSプランを選んだ場合には、会員限定サイトに入るための登録作業もWebサイト上で行うことが可能に。入会者を増やしたい人、大型コミュニティサイトを作りたい人にもピッタリです。

取引手数料無料のECサイトサービスも

WeeblyでECサイトサイト向けのサービスを利用した場合、PROプランでの手数料は3%となっています。一般的な日本のECサイトサービスの手数料が4.5%前後なので、手数料としては良心的な数値です。

さらに上位クラスのBUSINESSプランを選択した場合、ネットショップ販売時の手数料は無料になります!すでにある程度の売上・購入ユーザー数が確保できることが確定しているサイトの場合、この「手数料無料」という点はかなり大きなメリットとなることでしょう。

無料でもSEO対策ができる

無料ホームページ作成サイトの場合、中にはSEO対策がまったく行えないようなところもあります。しかしWeeblyの場合、無料プランでも次のような設定を行うことが可能です。

  • タイトルタグの設定
  • キーワード・タグ音設定
  • Meta Desription設定
  • カスタムURL
  • 301リダイレクト設定

タグ設定・メタ設定等を適切に行うことで、Google等の検索エンジン最適化をし、上位表示を狙うこともできます。ビジネス向け、ECサイト向け等の場合、特に重要なポイントとなることでしょう。

また反対に、WebページをGoogle等の検索結果に表示させないno indexの設定を行うことも可能。ページ更新時やサイト引越し等の際にも役に立ちます。

『Weebly』の良くない点・悪い評判・デメリットは?

様々な魅力がある無料ホームページ作成サービス『Weebly』ですが、中には悪い評判もあるようです。どんなところがWeeblyの良くない点なのでしょうか。

日本語サポート体制が弱い

Weeblyを使う上で覚悟しなくてはならないのが、日本語でのサポート力がまだ弱いという点です。

無料で受けられるサポートは、基本的にすべて英語のみ。また電話サポート等を受けるには、有償のプランに加入する必要があります。

サイト作成プロセスそのものがシンプルなので、かんたんなサイトを作る程度であればサポートを頼ることはあまり無いとは言えるでしょう。しかし何か困ったりつっかえたりした場合には、翻訳サービス等を使いながら問題を解決していかなくてはなりません。

外部テーマを使うには知識が必要

Weeblyが用意しているテーマ(テンプレート)を選んで使うのであれば、Web用の専門知識はほぼ必要ありません。しかしWeebly以外の外部テーマを持ってきて使用したい……という場合だと、あれこれと調整が必要になります。

「お仕着せのテンプレートではなくオリジナルのカスタムをしたい」「他社サイトと絶対にかぶらないサイトにしたい」という場合には、HTMLやCSS等を学び、細かに設定をしていかなくてはなりません。

なおテーマカラーの変更、フォントの変更程度の調整であれば、カンタンな編集作業だけでOKです。

廉価有償版にも広告が出る

Weeblyの無料プランでは、サイト上に他社の広告が表示されます。

これについては無料のホームページ作成サービスの場合、ほぼどの会社でも同じこと。そこまで特筆スべきデメリットとは言い切れません。

しかしWeeblyの場合、月額5ドル(年間支払の場合)のCONNECTプランでも広告表示が行われてしまうのがややネックです。広告表示を一切OFFにしたい場合には、月額12ドルのPROプラン以上を契約する必要があります。

アップデート・アップグレードの頻度は少なめ

Weeblyの場合、頻繁な機能のアップデート・アップグレードはあまり行われていません。近年ではユーザー同士のコミュニティなどから上がってくる要望を取り入れて、翌々月にはアップデートに反映させるようなホームページ作成サービスもあるので、それらと比較するとややユーザーの要望に応えるのは遅い方と言えます。

日本語フォントがやや少ない

15以上の多言語に対応しているWeeblyでは、もちろん日本語フォントでの表示にも対応しています。しかし、選べる日本語フォントがやや少ないのが玉に瑕。

日本で開発されている無料ホームページ作成サービスに比べると、やはり日本語に特化したデザインの展開力にはやや弱さが見られます。今後の日本語フォント対応に期待したいところです。

『Weebly』はこんな人におすすめ!

無料ホームページ作成『Weebly』の良い評判・悪い評判を比較していくと、次のような人に特におすすめのサービスであることがわかります。

とにかくカンタンにサイトを作りたい!

シンプルな操作性でサクサクッとホームページが作れる『Weebly』は、サイト作成やサイト運営に速さやカンタンさを求める人には特におすすめです。

「あまり難しいことはやらない、使いやすくてシンプルなサイトがあれば十分」という人であれば、Weeblyの機能面は十分に満足できるものとなることでしょう。

友達だけや会員だけのサイトを作りたい

友達や会員等、閲覧する人を限定したサイトを作れるのは『Weebly』の大きな魅力。個人向けのサイトはもちろんですが、趣味のサークルや講座、会員向けのセール開催等をしたいショップ等にも、『Weebly』の会員限定サイト機能はピッタリです。

海外ウケもするオシャレなサイトがほしい

Weeblyのテーマのスタイリッシュな雰囲気は、日本国内はもちろん、海外のお客様からも良い反応が得られることでしょう。

国内のみならず海外のユーザーを獲得したい人、インバウンドのお客様向けのサイト展開をしたい人等にも、Weeblyのデザインセンスは向いています。

安定した運営のサービスを選びたい

『Weebly』は世界第2位のシェア数を誇るホームページ作成サービスであり、サービス運用年数も15年以上となっています。サービスの運営状態は安定しており、安心して長期利用ができる企業と言えるでしょう。

おわりに

無料でホームページが作れるサービス『Weebly(ウィーブリー)』のメリットやデメリット、良い評判・悪い評判を見て、あなたはどんな印象を持ちましたか?

どんなサービスにも良い面だけでなく必ず良くない面やデメリットがあります。サービスの長所・短所の両方を考慮して、自分のニーズに最適なサイトサービスを選ぶことが大切です。

Weebly(ウィーブリー) 公式サイト

関連記事

最近の記事

  1. 無料ホームページ作成ツール『STUDIO』人気の理由は?評判は?

  2. 無料でホームページ作成できるWebnode(ウェブノード)の評判と解説

  3. 無料でホームページが作れる「Weebly(ウィーブリー)」の評判を長短比較!

  4. 店舗サイトが作れる『Goope(グーペ)』の評判は?長所短所を比較!

  5. SEO対策の見積り前に!よくある質問6つを解説

TOP